映像制作をお考えなら

映像制作とマーケティングについて

映像制作とマーケティングについて ビジネスの基本はいつの時代も同じです。
マーケティングこそ全てのビジネスの基礎であり、自社の製品やサービスを広く世間一般の人々に知ってもらう事が本当に大事です。
いくら素晴らしい高品質な物、サービスが出来上がったとしても、世間での知名度がゼロでは売上には全然結びつきません。
マーケティングの基本的な手法は、紙媒体のポスターを制作して掲示したり、同じく紙媒体のチラシや新聞広告を一般消費者に配布する事です。
ただ、最近ではこういった手法が完全にマンネリ化しており、マーケティングの効果が殆ど現れません。
一方で活気を集めているのが映像を使ったマーケティング手法です。
自社の製品やサービスを紹介する動画を、ネット上にアップロードすれば高い注目度を得られます。
映像制作が出来るスタッフが社内にすれば心強いです。
映像制作を社内で進めればコストも時間も安く済みます。
話題の動画投稿サイトにアップしたり、自社のSNSの広報用アカウントにアップすれば、あっという間に世の中に浸透します。

映像制作における著作権について

映像制作における著作権について 個人で映像制作を楽しむ人々が増えてきました。
パソコンの普及とインターネット動画サイトの流行で、今では大勢の方々が日常的に動画を撮影し、それを編集して、ネット動画投稿サイトにアップロードしています。
映像制作でクリエイトしたコンテンツをアップロードすれば、大勢のネットユーザーに視聴してもらえます。
自分の特技をネットを通して披露したり、季節の綺麗な風景をビデオカメラで撮影して世間の人々に紹介したりと、映像制作の楽しみ方は多種多彩です。
ただし、映像制作を進める上で注意したいのが著作権の問題です。
全てのコンテンツ制作時に言える事ですが、いわゆる他人が既に世の中に発表した映像や動画を無断で利用してはいけません。
たとえ動画サイトにアップロードされていたとしても、無断で自分の映像作品の中に組み入れれば、それは立派な著作権侵害となります。
文章はコピーライトと引用元を明記する事で、いわゆる引用の行為が合法的に認められていますが、動画といった創作性が高いコンテンツは無断で素材として転用してはいけません。